新ゴジンジャー こいつぁエライ25粒+ウジン5粒 30粒
商品番号:60

★困った季節に話題の「べにふうき」!飲みやすいカプセル入り「有機べにふうき」
★屋久島産「有機栽培べにふうき」に濃縮ジンジャーを加えさらにパワーアップ!安心して飲めます。
★一粒に5.1mgのメチル化カテキンが含まれる高品質。
★いつでも手軽に飲める、カプセル入りです。
商品名は、「茶っ葉のくせに こいつあーエライ」感激してつけました。
飲んで頂けばわかるんですが、「こいつって、ほんとにエライ」って言いたくなります。
茶っぱのくせに「こいつ」のプロフィール
出身地 : 
親は、静岡県の島田市にある農業の試験場で生まれました。でも、こいつは鹿児島県の屋久島育ちです。
生立ち : 
父親は、「べにほまれ」母親は、中国茶の国際結婚でした。この結果生まれた紅フウキは、他のチャッパに比べて、ストルクチニンとメチル化カテキンがとっても多いと言う特徴がありました。
本 名 : 
茶っぱのくせに、こいつぁーエライ」カプセルを試した方が、感激して「こいつってエライ!!」と言ったことから命名されました。「コイツ!」ではなく、「コイツ」って優しく呼んでください。
幼少期 : 
屋久島に移った後、白川じいさんに、有機栽培で大事に育てられました。本場の静岡でもなかなか有機栽培は難しいようです。特に、一番茶には、ストルクチニン。紫外線が強くなると、メチル化カテキンが多くなります。それで、コイツは、1番から秋物までをあえてブレンドした、スグレ者なのであります。
青年期 : 
そんなこんなで、温かさと厳しさが折り合わさった屋久島の豊かな自然の中で、立派に育てられたコイツなんですが、人生の途上で大変化を経験したんです。それは、葉っぱから粉末に変身した後のことです。それまでも、そこそこ人気が出始めていたんですが、ある時、インドネシア産の 濃縮ジンジャーと試験的に国際コラボしてみたんです。その結果、数ある兄弟たちの中でも「コイツ」はグーンとエラくなっちゃったんです。
飲ん方: (のんかた)「コイツ」のふるさとではこういいます。
人によりますが、大体6粒から10粒を食後に水か白湯で飲みます。湯呑茶わんに数粒入れて、お湯を注いでお茶にしてもおいしいって言う人もいますが、なんともいえない味です。
現  在 :
飲みやすいカプセルの中で、みんなの役に立ちたいと待機中です。
皆さん、「コイツ」ってこんな奴だったんです。
こいつ君
価 格:¥1,350(税抜)